航空法への理解

ドローンを使用する上で必要な知識は沢山ありますが、その中でも法律については最低限度理解しておかなければいけません。この法律は他人にドローンによって危害を加えないようにするという意味合いも含まれています。さらに、ドローンが上空を飛んでいるときに航空機との接触があれば、その乗客も含めた重大な被害につながる恐れがあるのです。

航空法は機体の総重量が200gを超えているドローンに対して適応されている法律です。空港周辺の上空空域や人口集中地帯の上空、150m以上の高さの空域は飛行禁止空域とされているため、もしもその場所で200g以上のドローンを飛ばしたいという人は、空港事務所長か地方航空局長の許可を取ってから飛行させなければいけないのです。

さらに、上記の場所以外でも夜間飛行や目視外飛行、人や物から30m未満の距離での飛行、人が集まる催しでの飛行、危険物などの輸送、物の投下などはルールで厳しく禁止されています。このような行為がどうしても必要だというときには地方航空局長の承認が必要となっているのです。このほかにも、詳しいルールが国土交通省ホームページの「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール)」に掲載されています。

Copyright ©ドローンを使って気軽に空撮を楽しもう!, All rights reserved.