カメラ機能について

ドローンはダイナミックな空撮を手軽なものにした画期的な撮影アイテムだと評価されることがあります。確かに、テレビのバラエティー番組などでは頻繁に空撮が使われる場面が増えました。以前はヘリコプターなどを使用しなければいけないため、そのレンタル代やパイロットの賃金、さらには広大な敷地などが必要だったため空撮は敷居が高かったですが、ドローンはそれらの問題を解決する素晴らしい発明だと言われています。

そのため、ドローンの中にはカメラを最初から搭載しているものが多いです。もちろん、搭載されておらず、後から搭載することも出来ないというものもありますが、少ない傾向にあります。カメラが取り外し出来るものもあるため、自分の好みのカメラに切り替えられるものがあります。そのため、このようなドローンを選ぶことによって、後々取り回しが利くと言われています。

また、カメラは解像度や画素数に違いがあります。そのため、後付けをする際にはそのような部分にも拘ってみることでより充実したドローンライフを送ることが出来るでしょう。また、このカメラを取り付ける部分のことを「ジンバル」と一般的に呼ぶことがあります。もしもドローン用のカメラを購入することを考えているのであれば覚えておきましょう。

Copyright ©ドローンを使って気軽に空撮を楽しもう!, All rights reserved.