ローターと名称

ドローンのフォルムの中でも一際存在感を光らせているのがローターの部分です。こちらは回転翼とも呼ばれており、ドローンといえばこのローターを使って飛んでいるところを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。飛行体についているため、「プロペラ」と読んでしまいそうになりますが、それは誤りです。ドローンを使うときには、このローターという言葉が沢山出てくるので覚えておくようにしましょう。

ローターはドローンごとについている数が違い、その数によって名称が変わるため注意が必要です。3箇所の場合にはトライコプター、4箇所の場合にはクアッドコプター、6箇所の場合にはヘキサコプター、8箇所の場合にはオクトコプターと行った具合になります。数が多ければ多いほど安定度が高まりますが、その分重量が重くなる上にローターの数だけメンテナンスが必要になります。

クアッドコプターは安定感があり、手軽にメンテナンスができることで人気の高いドローンの種類です。こちらはエックスがたについているクアッドアックスが主流となっています。これの後を応用にドローン本体に対してプラス型に付いているものがクアッドプラスです。このように付けられている形によっても名称が変化するのです。

Copyright ©ドローンを使って気軽に空撮を楽しもう!, All rights reserved.