GPSとドローン

ドローンは遠くまで機体を飛ばせますが、どこからどこまで飛ばせたのか分かることによって、より多くのことが出来るようになります。単純に遠くまで飛ばせるので空撮などに使えますし、産業用ドローンの場合には探索などにも非常に有効に使えます。このように、ドローンの位置を探るというのは大きな意味を持っているのです。

そのため、ドローンの多くはGPSを搭載しているものがあります。ドローンがGPSを付けることによって、上記のような利点の他にも高度維持機能が働くため、自動でホバリングができるというメリットもあるのです。このような機能を持っているドローンを扱うことによって、初心者でもドローンらしい操縦を手軽に楽しむことが出来ます。そのため、ドローンにはGPSが搭載されているものが多いのです。

しかし、レース用にドローンを使っている人や空撮のためにドローンを使いたいという人は、このような機能に頼らないGPSの付いていないドローンで練習した方が良いという意見もあります。それは、空撮やレースなどでは巧みな操縦が要求される場面があるため、スキルアップが必須となるからです。GPSは便利ですが、それがなくてもホバリングできるくらいのスキルが求められます。

Copyright ©ドローンを使って気軽に空撮を楽しもう!, All rights reserved.